ここから本文です

中国EC法で爆買いにブレーキ、でも日本メーカーは「闇バイヤー取り締まり」歓迎

5/16(木) 12:10配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

メリーズ、リファ……インバウンド銘柄を直撃

企業の決算からも、EC法施行の影響が徐々に明らかになってきている。

花王が4月24日に発表した2019年1~3月期連結決算では、売上高が前年同期比1.1%減の3469億円となった。化粧品事業やスキンケア事業は増収だったが、紙おむつ「メリーズ」の売り上げの大幅減少が響いた。メリーズは日本の紙おむつの中でも中国人の間で圧倒的な人気を誇っている分、EC法による買い控えや、転売目的で日本で購入されたメリーズの中国での価格下落が直撃した形だ。

もっとも影響を受けた企業の一つが、トレーニング機器「シックスパッド」などを手がける美容・健康機器のMTGだ。5月10日に発表した2018年10月~2019年3月期連結決算では純利益が前年同期の37億円から5300万円に急減。中国人の爆買い銘柄でもある高価格美容ローラー「リファ」の販売落ち込みが原因の一つだった。

「EC法はプラス」と考える企業も

それでも、足元では売り上げの減少に直面しながらも、メーカー各社は前向きにとらえている。

高所得の中国人女性に人気が高いポーラ。及川美紀取締役執行役員は「1、2月は代行業者と思われる人々の購入が減り、(EC法の)影響がないわけではなかった」としつつも、「代行業者による転売は価格をコントロールできず、ブランドイメージの毀損にもつながるので、これまでも正規ルート以外での販売を見つけたら注意してきたし、百貨店でも1人あたりの購入数量を制限してきた。長い目で見れば、EC法は当社にとってプラスと考えている」と語った。

ポーラは中国で百貨店、アリババのECサイトTmall(天猫国際)、越境EC、直営店の販売チャネルを展開、2018年は海外売上高82億円のうち、中国市場が19億円を占めた。現地では2018年末時点で15店舗を展開しているが、将来的には40店舗まで増やす計画。「EC法施行で中国人顧客による日本での売り上げが減っても、中国での売り上げが増えれば何も問題はない」(及川さん)と、データ分析や顧客との関係強化につながる越境ECや中国直営店での販売を強化する考えだ。

インアゴーラの板野さんも、「これまでの中国インバウンド消費には、副作用も伴っていることを知ってほしい」と指摘する。

中国人インフルエンサーが紹介して人気が出た商品は、旅行者だけでなく、代購業者がドラッグストアなどで大量に買い占めて、自身のSNSやECショップで売りさばく。だが、ブームが過ぎると今度は在庫をさばくために、値下げしたり他の商品とセットで投げ売りしたりする。

「メーカーのコントロールできないところで、相場が形成され、崩れてしまうので、ブランドイメージにはマイナスにもなる」(板野さん)

医薬品やサプリメントは、中国で認可されていない成分が使われているなどの理由で、輸出が禁じられている商品も少なくないが、人気になると代購業者が転売を始め、メーカーとしてリスク管理ができなくなることもある。

爆買いは「天の恵み」

ポーラの及川さんは、日本で大ヒットしているシワ改善美容液「リンクルショットメディカルセラム」が、中国未認可の成分が使用されているため輸出できないことを例に挙げ、「中国での認可に向けた取り組みを進めていく」とし、今後は商品開発段階から中国市場を意識する方針を明かした。

板野さんは「これまでの爆買いはいわば“天からの恵みの雨”のようなもの。中国人が勝手に商品を発掘し、SNSで販促してくれた。だが、先んじて爆買いの恩恵を受けた企業は、中国市場の大きさに気づいて、すでに越境ECや中国向けマーケティングの強化を始め、自力でヒットを起こそうと動いている」と話した。

(文・浦上早苗)

浦上 早苗

2/2ページ

最終更新:5/16(木) 12:10
BUSINESS INSIDER JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事