ここから本文です

マカオ政府が市民対象のギャンブル活動参加状況調査実施…依存症有病率の評価など目的に三年毎実施

5/16(木) 18:16配信

マカオ新聞

 マカオ政府社会工作局(IAS)は5月16日、同月17日から7月16日にかけて「マカオ居民ギャンブル活動参加調査研究」を展開すると発表。

 同リサーチはIASがマカオ大学コマーシャル・ゲーミング研究所に委託して三年に一度実施しているもの。無作為抽出による電話調査で、18歳以上のマカオ居民(マカオ居留権保有者)が対象となる。2016年実施時の調査サンプル数は2000人だった。

 IASでは、マカオ居民のギャンブル活動参加状況とギャンブルに対する見解を把握し、最新のギャンブル依存症有病率を評価することを実施目的として挙げている。また、収集したデータをもとに、将来のギャンブル依存の予防及び治療サービス計画の策定に活かすとした。

 マカオは中国の特別行政区にあたり、人口約67万人、面積は東京の山手線の内側の半分に相当する32平方キロという小さな地域だが、およそ40軒ものカジノ施設が建ち並び、年間カジノ売上は世界最大規模を誇る。また、競馬やスポーツベッティングといった各種ギャンブルも存在する。

最終更新:5/16(木) 18:20
マカオ新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事