ここから本文です

全米プロ開幕目前! 松山の練習ラウンドを追いかけたら、カートにまたがるジョン・デーリーに出くわした!?

5/16(木) 11:33配信

みんなのゴルフダイジェスト

今週、米国ニューヨーク州の「ベスページ・ブラック・コース」を舞台に開催されるメジャー第二戦全米プロ。開幕前日の現地水曜日、現地で取材するゴルフカメラマン・姉崎正は松山英樹の練習ラウンドを追いかける。その帰り道に出くわしたのは、カートに乗ったジョン・デーリー!?

水曜日。当地に来て初めてお日様を見た日。松山はアウト9ホールを練習ラウンドした。

松山が練習場に来たとの情報を得て、急ぎインコースからドライビングレンジに赴くと、打席右端にミケルソン、そして対面に松山。

両者ともドライバーを打っている。時折ミケルソンに目を遣る松山。程なく松山がアプローチ練習に向かい、夢の共演はここまで。

ミケルソンはドライバーとウエッジのショットを繰り返し、コーチと話をしながら練習を続ける。

そんなミケルソンの練習が終わるタイミングで、松山が戻ってきた。で二人ともラウンド。ミケルソンはインコースへ。

時刻は12時半少し前。同伴競技者は米国のリッチ・バーバリアンJr.とフランスのミシェル・ロレンゾベラ。ロレンゾベラは見た事があるけど、バーバリアンJr.は初見かも。

近づいたり離れたりしながら松山のハーフラウンドを撮影し、終わった場所は、もちろんクラブハウスから一番遠い9番グリーン……。松山は迎えのキャデラックSUVで練習場へ、私はそこからクラブハウス方向へ戻りつつも獲物探し。

ブライソン・デシャンボーを発見するも、トレードマークのハンチングを被っていないので1カットで終了。その後からマット・クーチャーが来る。セカンドショットが間に合いそうなので、急ぎセカンド地点へ行くも、彼のティショットは反対側へ。残念無念。大袈裟ながら、我が身の不運を嘆きます。

反対側のクーチャーを不本意ながらも撮影し、急ぎ練習場へ。「待ってろ松山」待ってるわけないけど。

遡ること2時間半。午前中のインからスタートした今平を撮り終えて、戻る途中の1番ホールでカートに乗ったジョン・デーリーを見つけた。

1/2ページ

最終更新:5/16(木) 11:33
みんなのゴルフダイジェスト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事