ここから本文です

【バレー】ヴォレアス北海道、2018-19シーズン報告会を実施 2019-20シーズンはV2リーグへ参戦

5/16(木) 20:30配信

バレーボールマガジン

池田憲士郎VOREAS,INC.社長「ヴォレアスを世界に通用するバレーボールチームへ」

エド監督の次に登壇した池田憲士郎・VOREAS,INC.代表取締役社長は、ホームゲームでの動員数、来季に向けての施策、SNSやPR媒体での影響力の向上等、主にビジネス面での実績について報告した。ヨーロッパの都市とサッカークラブの例を挙げ、スポーツが地域を多くの人に知ってもらい、地域を豊かにする可能性を説き、ヴォレアスが世界に発信するバレーボールチームを目指していくというビジョンを改めて示した。なお、池田社長は現在兼任しているゼネラルマネージャー(GM)を5月末に退任し、以降は経営に専念することを発表した。6月からは降旗雄平・現事務局長がGMに就任する。

「今回退団する5人なしでは、2シーズン連続優勝という成果には繋がらなかった」

エド監督は、2018-19シーズン限りで退団する5選手について、そう労いの言葉をかけた。退団する5選手がひとりずつ登壇し挨拶し、2シーズン支えたチームやパートナーに感謝の意を伝えた。思い出の試合について質問を受けた5選手は、その回答をつなぎ合わせると、この2シーズンのヴォレアスの沿革が辿れるのではないかと思われるくらい印象的な場面を次々と挙げた。
各選手が挙げた試合は下記の通り。

中村修平選手:2017年、最初のV-THEATER。今まであんな会場は見たことがなかった。
野坂尚哉選手:2017年天皇杯ファイナル1回戦。古田主将の負傷欠場に伴いスターティングメンバーで出場。全国大会は初めてで緊張した。
山本大希選手:2018-19シーズン最終戦(3月17日、鷹栖町でのヴィアティン三重戦)。コートに立った途端に顔面にボールが直撃した。
杉谷祐磨選手:2017-18シーズン、東川町でのヴィアティン三重戦。それまで全勝中だったが敗れた。前夜緊張して眠れなかった。皆に助けられて試合が出来た。
倉内哲選手:2017年最初の公式戦となった8月26日の国体北海道ブロック予選(小樽)。大きな注目を集めて臨んだ代表決定戦で、北海道学生選抜(ヴォレアスに入団した戸田拓也選手らが主力)に先に2セットを取られたところから逆転勝利し、安心感に包まれた。

2/3ページ

最終更新:5/16(木) 21:24
バレーボールマガジン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事