ここから本文です

火の海に囲まれた荒野で、卵を守るコウノトリ⇒無事にひな鳥が生まれる

5/16(木) 13:35配信

ハフポスト日本版

コウノトリが卵を温め、孵化する様子を捉えた映像がネット上で話題になっている。 巣の目下に広がる大地を、大規模な火災が襲う瞬間が撮影されていたからだ。(浜田理央 / ハフポスト日本版)

【動画】火の海に囲まれた荒野で、卵を守るコウノトリ

コウノトリや卵は被害を免れ、火災が過ぎた数日後、無事に孵化した。

世界自然保護基金(WWF)のロシア支部が5月6日に報告した。

映像が撮影されたのはロシア・アムール州。鳥類学者がコウノトリの巣を観察するために設置したカメラに、火災から孵化までの様子が映っている。ABCニュースが、その一部をTwitterに投稿した。

4月28日午後5時半ごろ、巣の周辺を大規模な火災が横断する様子が映っており、親鳥が巣の中で小さな卵を温め、守ろうとしているように見える。

映像は5月14日に切り替わり、ひな鳥が無事に孵化したことが確認できる。コウノトリは絶滅の恐れがあり、ロシアの絶滅危惧種に指定されている。

モスクワタイムズによると、この地域では毎年大規模な火災が相次いでおり、鳥の巣が破壊され、多くのひな鳥が命を落としているという。 ロシア国内では5月14日だけでも火災が49件あり、計約3万ヘクタールを焼く被害が起きているという。

壮絶な映像に、ネット上では「恐ろしい。親鳥が無事でよかった」「衝撃的。美しいと同時に悲しくもある」と衝撃と安堵が広がった。

浜田理央 / ハフポスト日本版

最終更新:5/16(木) 13:41
ハフポスト日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事