ここから本文です

4月 県内企業倒産2か月ぶりに20件台/埼玉県

5/16(木) 18:54配信

テレ玉

4月の県内企業の倒産件数は28件で、2カ月ぶりに20件台になったことが、民間の信用調査会社、帝国データバンク大宮支店のまとめでわかりました。

それによりますと、4月負債額1千万円以上を抱えて倒産した県内企業は28件と、前の月にくらべ12件増え、2ヶ月ぶりに20件台となりました。負債総額は、10億円以上の大型倒産が2件発生した影響で、前の月より40億円以上増額し、46億9000万円となりました。

業種別では、製造業と小売業がそれぞれ7件で最も多く、次いで卸売業とサービス業がそれぞれ5件と続いています。製造業は6か月ぶり、小売業は2カ月連続で最多となっています。

帝国データバンク大宮支店は「10月に予定されている消費増税や、中国経済の減速などマイナス材料が多く、景気の先行きは不透明な見通しが続いている。県内の企業倒産は、ある程度、幅を持って推移するかもしれないが、中長期的に大きな増減につながる可能性は少ない」と指摘しています。

テレ玉

最終更新:5/16(木) 18:54
テレ玉

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事