ここから本文です

札幌に5月の「嵐」 17日からコンサート 早くもファン 売り上げ期待の声

5/16(木) 22:09配信

北海道新聞

「飛行機取れない」東京に行けない就活生も

 人気アイドルグループ「嵐」のコンサートが17日から3日間、札幌市豊平区の札幌ドームで開かれる。1月の活動休止発表後初の道内公演でファンの期待は高まり、周辺商業施設も「特需」を期待する。ただ、これまでにない5月開催のため、就職活動中の大学生からは「航空券が取りづらい」との声も聞こえる。

【動画】札幌に「嵐」ファン集結 3日間で全国から16万人超(2016/11/12)

 16日は札幌ドームでグッズ販売が行われた。大阪府吹田市の会社員由衣ひとみさん(31)は「活動休止前に一回でも多くコンサートに行きたくて、貯金して初めて札幌に来た」と興奮気味に話す。

 昨年11月の札幌ドーム公演は3日間で延べ16万人を動員。ドームに近いイトーヨーカドー福住店は16日、ファンが飲食できる休憩スペースを設け、入り口の壁一面にメンバーのポスターを張った。引山暢哉店長は「売り上げ増を期待しているが、まずはファンをもてなしたい」と話す。

 公共交通機関も「嵐」シフトだ。市営地下鉄東豊線では17日午後4時から約2時間、札幌ドームに向かう人と通学・通勤の帰宅ラッシュが重なる。通常より6本増やし混雑緩和に努める。北海道中央バスは16~19日、新千歳空港からドームを経由し、市中心部に向かう空港連絡バスを随時増便する。

 嵐の札幌ドーム公演は2008年から毎年開かれ、大半が11~12月の開催。今年は11月公演もあるが、5月公演は初めてで、思わぬ影響も出ている。就職活動中で札幌市内の大学に通う女子学生(21)は「週末は成田から新千歳へのLCC(格安航空会社)が満席。東京の企業説明会への参加は諦めた」とこぼす。

 市によると、故障した札幌円山球場のスコアボードを修理するため、16日に東京の業者が来札する予定だった。だが、16、17日の道内への航空便、新幹線の予約が取れず、19日に行われる札幌六大学野球春季リーグも「故障したままの可能性がある」(市スポーツ局)という。

北海道新聞

最終更新:5/16(木) 22:09
北海道新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事