ここから本文です

通学路での全国一斉取り締まり・山形県内60カ所でも 小学生の登下校中の事故は去年21件

5/16(木) 21:55配信

さくらんぼテレビ

幼い子どもが巻き込まれる交通事故が相次ぐ中、通学路での全国一斉取り締まりが行われた。

山形県内では60カ所が対象となり、山形市の第八小学校前の通学路でも行われた。この道路は通学時間帯の午前7時半から8時半までの1時間、許可証を持たない車の通行が禁止されている。

16日朝の取り締まりでは通行禁止の規制を知らなかった車5台が検挙された。

(山形警察署・花輪健一課長)
「特に学校の周辺は多くの子どもが行き交うため通行が制限されている区域が多くあるので標識の確認をしてもらいたい」

県警によると、小学生の登下校中の事故は去年県内で21件発生し、うち4件は重傷事故だった。また約5割がドライバーの前方不注意が原因。

警察は全国で相次ぐ子どもが巻き込まれる悲惨な事故を起こさないため、ドライバーはもう一度運転の基本を意識してほしいと呼び掛けている。

最終更新:5/16(木) 21:59
さくらんぼテレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事