ここから本文です

バイエルンがマンCの“仕事人“獲得に向け交渉!

5/16(木) 11:07配信

SPORT.es

バイエルンは再びヨーロッパのトップレベルに戻る事を目指し、来シーズンに向けて補強に力を入れている。
バイエルンは既にパヴァールとリュカ・エルナンデスのオペレーションを締結しており、守備陣に関してはこれ以上ないほど準備を整えている。

デ・ブライネがペップにジョークを飛ばす!「勝つことしか知らない...」

そして、バイエルンは3人目の選手補強にサイドの強化を考えている。
その理由から彼らはマンチェスター・シティのドイツ人アタッカー、レロイ・サネの獲得を検討している。

『The Daily Record』の報道によると、バイエルンはマンチェスター・シティからサネの獲得に向けた交渉の許可を受けた。
シティは彼らのスター選手の1人であるサネの引き留めに全力を尽くしたが、2021年に契約満了を迎える同選手は既にチーム・シティズンからの契約更新のオファーを複数回拒否している。

■経済的理由
シティのスポーツディレクター、チキ・ベギリスタインは次の市場での売却がクラブにとって大きな収入を意味する事、遅かれ早かれ契約満了を迎える事を知りながら満足していない選手をとどめておく事が判断ミスになり得る事を理解している。

サネは今シーズン、プレミアリーグで31試合に出場し、10ゴール11アシストをマークした。
これはファンタスティックな成績だが、グアルディオラが彼を先発で起用したのはわずか21試合であり、サネは自身の役割に満足していない。
彼は自身の状況にうんざりしており、新天地を求めている。

SPORT.es

最終更新:5/16(木) 11:07
SPORT.es

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事