ここから本文です

バルサ加入のデ・ヨング、ユニの名前は“De Jong“を希望

5/16(木) 11:29配信

SPORT.es

FCバルセロナは欧州強豪クラブらからアプローチを受けていたデ・ヨングを長い交渉の末に獲得した。

ルート・フリット、オランダの若き才能たちを絶賛「まるでジダン」

「僕のバルセロナでの背番号はまだわからないが、ユニフォームの名前は“De Jong”になるだろう」欧州CL準決勝で見事な活躍をしたデ・ヨングだが、アヤックスが敗退した今、デ・ヨングはすでにバルサでの将来のことを考えている。

バルサのスポンサーであるナイキ社はユニフォームの売り上げ促進の観点から、デ・ヨングのユニフォームの名前を“Frenkie”にしたがっているが、選手本人は“De Jong”を希望している。

また現在バルサで21番を使用しているのはMFカルレス・アレニャだが、もし21番をデ・ヨングに与えれば、重要なポジションでプレーするアレニャの気分を害することになりかねない。

また年俸の額に関する質問に対し、デ・ヨングはユーモアを交えて記者を煙に巻いた。
「僕がどのくらい稼ぐかって(笑)?それは僕が話すべきことじゃない。僕は今自分がやっていることと、これからバルサでやることに満足している。お金で幸福が買えるとは限らない」

■アヤックスへの愛
「アヤックスにいつか戻るという約束はできない。将来何が起きるかは誰にもわからない。一つ言えることはアヤックスを大好きだということだ。素晴らしいクラブだと思う。もちろん復帰の可能性を否定はしない」

またデ・ヨングは同僚のマタイス・デ・リフトについても質問され、次のように答えた。
「正直に言ってデ・リフトがこれからどうするのかは知らない。それは彼の決断だ。しかしいつかバルサで一緒にプレー出来たらいいと思う。今後何年も使える良い選手を獲得することはバルサにとって素晴らしいことだと思う」

SPORT.es

最終更新:5/16(木) 11:29
SPORT.es

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事