ここから本文です

貫き通すデ・リフト 優勝決めるもいまだ将来を明かさず

5/16(木) 17:40配信

SPORT.es

マタイス・デ・リフトはディフェンスラインの補強を望むFCバルセロナが獲得をより重要視している選手である。しかし、19歳でアヤックスの主将を務める青年は、エールディヴィジの王者に輝いたにも関わらず、将来について話すことには慎重な姿勢を貫いている。

デ・リフトの母親もバルサ移籍に賛成「最良のクラブ」

アスルグラナが彼の獲得に大きな力を注いでいる事は、なんの秘密でもない。既に多くの経験を持つオランダ人CBは、クラブ・ブラウグラナの将来における重要な鍵を握る選手だと感じられる。

オランダではデ・リフトが、フレンキー・デ・ヨングと共にバルサに加入すると考えられているが、同DFは沈黙を貫き、引き続き将来を明らかにしていない。

エールディヴィジのタイトルを獲得したあと、彼のバルサ行きに関する話題は、最も大きなテーマとなっている。あるジャーナリストは、デ・リフトはシーズンを戦い終え、それ故に今が将来に関して口を開く時だと発言している。

“デ・ヨングと一緒にバルセロナへ行くのか?”と彼に質問が飛んだが、アヤックスのキャプテンは、その問いに関して明確な返答をする事はなかった。
「その事については何も言う事はできない」とコメントし、「夏の終わりに僕がどこにいるのか見てみよう」と付け加えた。

デ・リフトが唯一保証している事は、「まだ何もサインしていない」という事である。オランダでは彼の将来は友人であるデ・ヨングと共にバルセロナにあるという事を疑うものは誰もいない。

SPORT

最終更新:5/16(木) 17:40
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事