ここから本文です

GACKTが明かす脱退騒動の裏側と卒業式サプライズに隠された思い

5/16(木) 22:01配信

FNN.jpプライムオンライン

ソロデビュー20周年を迎えた謎多きアーティスト・GACKT。

5月2日放送の「直撃!シンソウ坂上」(フジテレビ系)では、MCの坂上忍がGACKTの住むマレーシア・クアラルンプールへ飛び、移住した理由やビジネス、亡き恩人への思いについて聞いた。

5月16日の放送では、第一弾の時に放送できなかった未公開映像と、これまで明かさなかった“人生を変えた元メンバーの死”について語った。

【画像】坂上忍も憧れた!GACKTが暮らす大豪邸はコチラ…

1日2時間以上は仕事をしない!

6年前からマレーシアに住むGACKTは今、600軒以上を内見した上で購入した、広さ1700平米の大豪邸に住んでいる。2人のメイドを雇い、プールやバー、ジムも備えられ、バックダンサーやバンドメンバーたちは、GACKTのことを「兄さん」や「若」を呼び、よくこの豪邸に遊びに来るという。

リビングとプールがつながっている設計に、坂上は「ちょっと憧れだわ。家を建てるときに考えたんですよ」と感動していた。

さらにこの豪邸には、GACKTの愛犬・デイジーとアンジーもいた。他にもラブラドール・レトリーバーのライザを合わせた3匹の犬と暮らしている。

また、GACKTの意外な才能も明らかに。ラスベガスで行われたポーカーの世界大会で日本人初の入賞を果たしたほどのポーカーの腕前を持つGACKT。この豪邸には、ポーカー専用の部屋もあり、夜になるとポーカーのプロたちが集まってくるという。

番組では、謎多きGACKTは普段どんな生活を送っているのか。特別にある1日に密着させてもらった。

行きつけのお店があるということで、スタッフも高級外車ベントレーに乗せてもらい同行。しかし、時間は夕方5時。今まで家で何をやっていたのだろうか。

「睡眠時間が短いから寝るのが朝5時とか6時。で、朝9時か10時くらいには起きて。朝起きたら2時間くらい、ただただお茶してゆっくりする。そんなこと日本ではあまりできなくて。ここにいるときは、1日2時間以上仕事しないって決めている。僕、ワーカーホリックで、もうずっと仕事しちゃうから」

1人で買い物をすることが多いというGACKT。「実は荷物持ちで。どんどんモノを入れて、どんどん大きくなるの。大きいカバン持つと何でも入れたがる傾向がある」ということで、カバンを持ち歩かないというこだわりも。

そして、行きつけのお店だという高級葉巻の専門店に到着すると、入って10秒後には葉巻用のライターを購入。迷うのは「時間がもったいない」と笑い、「どっちがいいか迷ったら両方買う」と話した。そんな即決で購入したライターのお値段は総額約120万円。数分の滞在時間で100万円を超える買い物をしてしまった。

「家では一切ご飯を食べない。朝は野菜ジュースで、1日1食だけ」と、20代の頃から健康のために1日1食を貫いているというGACKTは買い物を終え、夕食へ。この日の「一食」に選んだのはメキシコ料理。仲間や、GACKTのビジネス本を出版したいと、わざわざマレーシアまで打ち合わせに来た出版社の社長もその場に合流した。

自由気ままに過ごしているように見えるGACKTだが、日本にいた頃は、こんなに自由な時間はなかったという。

「日本にいる6年前まではひどくて。寝るのはもったいないから、やれるだけの仕事をやろうって感じで。ずーっと仕事しかしてなかった。お金もある程度手にして、でも気がついたときには何の思い出もない。もっと自分の人生を豊かにしようと思った」

日本にいた当時は、音楽活動や俳優業に追われ多忙な日々を送っていたGACKT。そんな中、40歳を前に人生を振り返り、自分の時間を大切にしようと移住を決意したそうだ。

1/4ページ

最終更新:5/17(金) 0:57
FNN.jpプライムオンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事