ここから本文です

B型肝炎苦しみ知って 准看護学校で患者講演

5/16(木) 11:20配信

宮崎日日新聞

 病気に対する正しい知識を身に付けてもらおうと、B型肝炎県原告団・弁護団は9日、高鍋町の児湯准看護学校で患者講義を開いた。学生38人に向けて弁護士が病気の概要などを解説し、患者らが苦しい胸中を語った。同様の講義は児湯郡内で初。

宮崎日日新聞

最終更新:5/16(木) 11:20
宮崎日日新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事