ここから本文です

舞台に立つ横山智佐「サクラ大戦側は三枚目(笑)」

5/16(木) 21:00配信

Lmaga.jp

現在開催中のイベント『京都ミライマツリ2019』を皮切りに、夜でも楽しめる企画を試みる「南座」(京都市東山区)。その一環として、大阪の歌劇団「OSK日本歌劇団」と大ヒットゲーム『サクラ大戦』がコラボした特別レビューが、7月13日~24日に開催される。

【写真】OSKのメンバーらと並ぶ横山智佐

本公演では、サクラ役の声優・横山智佐や同シリーズの男性キャスト陣が全公演出演するのをはじめ、ほかの人気キャラの声優たちも日替わりゲストで登場。OSK側も「OSK一の歌い手」と名高い楊琳をはじめとした、精鋭メンバーで迎え打つ。

この異例のコラボに向け13日におこなわれた記者会見では、横山が「OSKさんは二枚目で、サクラ大戦側は三枚目(笑)。でもこっちの方が『一枚』上手という、おかしな自信を持って舞台に立ちたい」と語れば、楊の方も「男の方と共演するのは初体験ですが、負けずにダンディにやりたいと思います」と、ほのかな対抗心を見せた。

今回の『OSK SAKURA NIGHT 夢見ていよう』は、帝国歌劇団団員のヒロイン・真宮寺サクラが、OSKに共演を依頼されて南座にやってくる・・・という内容。『檄! 帝国歌劇団』など、『サクラ大戦』の人気曲の数々を一部京都向けに内容を変えて披露するという。平日でも足を運びやすい設定にと、毎日19時半から約1時間(予定)の上演。チケットは一等席6500円、二等席3000円で発売中。

取材・文・写真/吉永美和子

最終更新:5/16(木) 21:00
Lmaga.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事