ここから本文です

大谷翔平、一塁手“よそ見”珍出塁にMLB公式注目 ファン爆笑「笑いが止まらない」

5/16(木) 7:03配信

Full-Count

第2打席で平凡な投ゴロを放ったが一塁手が“よそ見”し反応できず出塁

■ツインズ 8-7 エンゼルス(日本時間16日・ミネソタ)

 エンゼルスの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、敵地ツインズ戦で「3番・指名打者」で3試合連続でスタメン出場。第4打席で中前打を放ち4試合連続安打をマークし6打数1安打。4度の好機で凡退しチームは7-8で敗れ2連敗となった。MLB公式インスタグラムは大谷の第2打席で起こった“まさか”の珍プレーに注目した。

【動画】平凡なピッチャーゴロも一塁手がまさかの“よそ見” 第2打席で大谷翔平が一塁失策の珍プレーで出塁

 ツインズ先発のオドリッジは思わず頭を抱えた。3回2死走者なしで大谷を平凡な投ゴロに仕留めると余裕をもって一塁へ送球。だが一塁手・クロンはなぜか二塁方向に“よそ見”し送球に反応できずボールはファールグラウンドへ転々と転がっていった。まさかの事態に大谷も慌てて二塁へ向かっていった。

 MLB公式インスタグラムもクロンの“よそ見”珍プレーを動画で公開。これにはファンも呆れるしかなかった。

「これは酷い」

「オオタニは一塁を踏んでいない」

「ショウヘイは止められない」

「リトルリーグのエラー」

「彼は間違いなく一塁を踏んでいる」

「笑いが止まらない」

「何が起こったんだ」

「二塁手が捕球したと思ったんだろう」

「なんだこれは!?」

「退屈だったのかな」

「オドリッジを見て」

「クロンは古巣にサービスしたんだよ」

 クロンは2011年にエンゼルスにドラフト1巡目で入団。だが、大谷の加入により昨年トレードでレイズに移籍し今季からツインズでプレーしている。ファンの中には先発オドリッジの落胆する表情にも注目していた。

Full-Count編集部

最終更新:5/25(土) 1:15
Full-Count

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/23(月) 18:15

あなたにおすすめの記事