ここから本文です

【MLB】圧巻11Kのダルビッシュを女房役も称賛 サヨナラ負けも「ユウにとっての勝利だ」

5/16(木) 16:08配信

Full-Count

3勝目を逃すも、6回途中まで5安打無四球2失点11奪三振と好投

■レッズ 6-5 カブス(日本時間16日・シンシナティ)

 カブスのダルビッシュ有投手が15日(日本時間16日)、敵地レッズ戦に先発し、無四球11三振を奪う好投を見せた。救援陣が追いつかれ、チームもサヨナラ負けを喫したため、3勝目はならなかったが、5回1/3を投げて5安打無四球2失点の好投。ドジャース時代の2017年8月10日(同11日)対ダイヤモンドバックス戦以来、643日ぶり通算35度目の2桁奪三振となった。

【動画】ダルビッシュが6回途中無四球11奪三振の好投! 全三振ハイライト

 ダルビッシュは初回と4回に適時打を浴びて2点を失ったものの、三振の山を築いた。6回先頭のスアレスを三振に斬ったところで降板。16個のアウトのうち、11個を三振で奪った。勝ち投手の権利を持ってマウンドを降りたが、リリーフ陣が8回に追いつかれ、3勝目を逃したダルビッシュだったが、6回途中まで投げて5安打2失点。課題とされた四球も6試合ぶりに与えなかった。大きく投球内容の改善が見られた右腕にチーム内からも安堵の声が上がった。

 カブスの公式サイトは「レッズが延長戦でサヨナラ勝ちし、ダルビッシュの好投が台無しになった」とし、この試合をレポート。記事の中でジョー・マドン監督やチームメートたちのコメントも紹介している。

 課題とされた制球面が改善されたことに、マドン監督は「私のアドバイスではなかったよ。全て彼自身だ。彼は今日自分が感じたことを信じて投げたんだ」とし、ダルビッシュをリードした捕手のデービスは「これを勝利だと考えるよ。カブスにとっての勝利、そしてユウにとっての勝利だ。もちろんフィールドではサヨナラ負けしたけど、彼の投球は素晴らしかった」と語っていた。

Full-Count編集部

最終更新:5/16(木) 16:08
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事