ここから本文です

オリックス、ミスミス4失策惨敗… 6回には1イニング3失策で4失点

5/16(木) 21:05配信

Full-Count

ロッテは相手のミスに乗じて大量点、種市無傷の3勝目

■ロッテ 9-2 オリックス(16日・ZOZOマリン)

 オリックスがミスを連発し、敵地で惨敗を喫した。16日、ZOZOマリンスタジアムでのロッテ戦。6回に1イニング3失策を犯すなど計4つの失策と守備が乱れて大量9点を失い敗れた。

【写真】オリックス小島がまさかのフライを落球した衝撃瞬間! 見守る観客も驚きの表情…好投山本は報われず…

 2回に2点を先制したオリックスだが、野手陣が先発山本の足を引っ張った。同点で迎えた6回。先頭の鈴木の右飛を小島が落球。三塁まで進まれると、続く清田の中前適時打で勝ち越された。さらに、井上の遊ゴロを大城がエラー。レアードの中前安打で1点を加えられると、2死満塁ではT-岡田がトンネル。足を引っ張られることになった山本は6回途中6安打6失点(自責は2)で2敗目を喫した。

 ロッテは相手のミスに乗じて大量点を奪って、再び貯金1に戻した。同点の6回に相手の3失策に3本の適時打を絡めて大量4得点。8回にも3点を奪って試合を決めた。先発の種市は6回を投げて5安打2失点と好投し、無傷の3勝目を飾った。

Full-Count編集部

最終更新:5/16(木) 21:25
Full-Count

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/22(水) 20:35

あなたにおすすめの記事