ここから本文です

FIA-F3:角田裕毅、開幕戦で入賞。タイヤの理解は進むも、「アンダーステア解決の糸口が見えない」

5/16(木) 14:22配信

オートスポーツweb

 2019年シーズンからFIA-F3選手権に参戦している角田裕毅選手。 デビュー戦のスペインでは深刻なアンダーステア傾向に悩まされ、フリー走行では30人中26番手に終わる。それでも予選では10番グリッドを獲得。しかしレース1はスタートで出遅れるも、10位入賞。レース2も9位が精いっぱいだった。

【写真】レッドブルのヘルムート・マルコ博士と話し合う角田裕毅

「レース1はスタートで、クラッチ操作を間違えてしまいました。本来は最初にフルクラッチを離して、ハーフクラッチをじわっと離していく。それを最初に、ハーフを離してしまったんです。フルは繋がったままなので、クルマは全然動かなかった。それで出遅れて、2台に抜かれてしまいました」

「そのあとは中団勢に引っかかって、フロントウィングがちょっと接触したりもしたし、走りづらかったのはおそらく少しダメージを受けたんだと思います」

「その後のペースは悪くなかったんですけど、まだ改善すべき点はいろいろあります。もしスタートを失敗していなければ、シングルフィニッシュは十分可能でした。その意味でも、もったいなかったです」

「レース2はスムーズにスタートできて、すぐに1台抜くことができました。そのあとプッシュしたんですが、アンダーステアはまったく直ってなくて、後ろを抑えることに必死で、9番手が精一杯でした。DRSを使われる状況で、かなり無理して抑えました。アンダーをどう直したらいいのか、解決の糸口は見えていないです」

「ヘルムート・マルコ(レッドブルのモータースポーツアドバイザー)さんはドライバー全員を集めて、ひとりひとりから説明を聴くんです。誰に対しても、褒め言葉はひとつもありませんでした(苦笑)。僕については、『どうして抑えて走るんだ』と。『いや、アンダーがひどいなか、むしろ必死にプッシュしていた』と言ったんですけど、外からは抑えて走ってるように見えたようです。『フリー走行からちゃんと走っていたら、改善できたんじゃないか』と指摘されて、『そうですね』と言うほかなかったです」

「デビュー戦を終えて、課題はまず週末を通してのセッティング。そしてフリー走行からの積み重ねを、もうちょっと意識的にやっていかないと。ピレリに関しては、まだ攻め切れてはいないですけど、だいぶ把握できてきました」

「バルセロナテストから比べると、ずいぶんよくなってることはよかったです。でも週末を通してのマシンバランスの改善ができなかったこと、あとはレース1のスタートの失敗、その辺りが悔しいです」

[オートスポーツweb ]

最終更新:5/16(木) 16:36
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事