ここから本文です

動画:満腹の後のだらだら寝で人気 中国から韓国にやってきたパンダ

5/16(木) 18:25配信

CNS(China News Service)

(c)CNS/JCM/AFPBB News

【CNS】韓国京畿道(Gyeonggi province)竜仁市(Yongin)にある韓国最大級のテーマパーク「エバーランド(Everland)」の「パンダワールド(Panda World)」が4月下旬で開館3周年を迎えた。

 ここでは、雌のアイバオ(Ai Bao、愛宝)と雄のロバオ(Le Bao、楽宝)が飼育されている。パンダ飼育員によると、現在この2頭を交配させる準備中だという。

 2頭はタケ・ササの他に、トウモロコシの粉を練って作った団子が大好物で、飼育員は毎日4回おやつとして与えているとのこと。体重は3年間でアイバオが86.5キロから123キロ、ロバオが95キロから125キロまで増えた。

 2頭はいつも満腹になると寝転がってしまう。だらりと手足を投げ出して寝るパンダの姿が、来園客の視線を集めていた。(c)CNS/JCM/AFPBB News

※この記事は、CNS(China News Service)のニュースをJCMが日本語訳したものです。CNSは1952年に設立された中華人民共和国の国営通信社です。

最終更新:5/16(木) 18:25
CNS(China News Service)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事