ここから本文です

鶴竜が休場貴景勝思いやる「本人が一番つらい」

5/16(木) 10:47配信

日刊スポーツ

<大相撲夏場所>◇5日目◇16日◇両国国技館

横綱鶴竜(33=井筒)が大関貴景勝の休場を気の毒がった。この日、都内の部屋で朝稽古を終えた後、報道陣に休場の一報を聞くと「え?」。驚きを隠せず「(痛めたのは)どこ?」と逆質問。右膝内側の靱帯(じんたい)と聞き、4日目の御嶽海戦を頭に浮かべて「(最後に)寄った時かな…」と思いを巡らせた。

【写真】15日の取組後、土俵を支えにして立つ貴景勝

「本人が一番つらいでしょう。(自分は)休場の悔しさは嫌ほど知ってますから」。14年夏場所の横綱昇進後はケガに泣かされ続け、17年夏~九州までの4場所連続を含む11場所に休場。進退問題を取りざたされた経験もある。「もう1回、自分を見つめ直す機会とプラスに考えればいいと思う。気持ちを切り替えて、勉強になると思って」と話していた。

最終更新:5/17(金) 18:09
日刊スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事