ここから本文です

はやぶさ2緊急上昇 何らかの異常を認識し降下停止

5/16(木) 20:54配信

日刊スポーツ

小惑星「りゅうぐう」へ向けて降下中だった探査機はやぶさ2が16日、何らかの異常を検知し、緊急上昇したことを宇宙航空研究開発機構(JAXA)が発表した。

高度20キロから10メートルまで自律降下し、りゅうぐう表面に世界で初めて形成に成功した「人工クレーター」への着陸目標となる「ターゲットマーカー」を投下する予定だった。

だが、計測機器が高度50メートルで何らかの異常を認識し、降下を停止、自律で上昇。ターゲットマーカーは投下されなかった。はやぶさ2は正常に機能しており、JAXAは原因究明を行っている。

最終更新:5/17(金) 22:19
日刊スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事