ここから本文です

室蘭栄が5回コールド、54年ぶり道大会出場狙う

5/16(木) 17:37配信

日刊スポーツ

<春季高校野球北海道大会室蘭地区予選:室蘭栄11-1室蘭清水丘>◇16日◇3回戦◇苫小牧・とましんスタジアム

【写真】室蘭栄の大脇が先制の中越え適時三塁打を放つ

室蘭栄が相手守備のミスを突き、8安打で11点を挙げ、5回コールド勝ちで代表決定戦に進出した。

大脇伊織二塁手(3年)が、1回1死二塁で先制の中越え適時三塁打を放つなど、2安打3打点で勝利に貢献。18日の代表決定戦(対駒大苫小牧)で、65年夏以来54年ぶりの道大会出場を狙う。

肉体強化が生きた。昨秋の地区代表決定戦は、北海道大谷室蘭に1-7と敗れ、全道切符を逃した。打撃リーダーとして、冬場は打力アップのため全身の筋力増強を徹底。個人的にもスクワットプレスが秋から40キロアップし、チームトップの170キロまで上がるようになった。初戦の苫小牧東戦から2試合で計6打数3安打5打点と勝負どころで結果を出し「打球の勢いが、かなり上がった」と手応えを口にした。

高校1年で学年トップにもなったことがある秀才で、東北大工学部進学を目指す。「材料工学を研究して、野球のバットや、防具の開発などに携われたら」。練習後は午後8時に帰宅し、夕食を食べ、午後9時から午前0時まで勉強する。夏までは文武両道を貫き、将来への糧とする。

最終更新:5/18(土) 0:43
日刊スポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/25(土) 20:15

あなたにおすすめの記事