ここから本文です

松山英樹、今季メジャー第2戦はパー発進

5/16(木) 21:52配信

日刊スポーツ

<米男子ゴルフ:全米プロ選手権>◇第1日◇16日◇米ニューヨーク州ベスページ・ステートパーク・ブラックコース(7459ヤード、パー70)◇賞金総額1050万ドル(約11億6000万円)優勝198万ドル(約2億1800万円)

【写真】練習ラウンドで最終調整する松山英樹

松山英樹(27=LEXUS)がメジャー初制覇を目指して、今季メジャー第2戦をスタートした。70年ぶりに従来の8月から5月開催になり、前日は「全米プロと言われれば違和感がある」と寒さに震えていたが、この日は一転晴れて暖かい陽気となった。

松山は、10番パー4の第1打をいきなり右のバンカーに入れた。さらに第2打もグリーン右手前のバンカーに入れた。前日の練習ではグリーン周りを入念にチェック。「狭いフェアウエーにどう(ボールを)おいていくか」とフェアウエーキープをコース攻略のカギとしていたが、いきなり苦しい展開となった。

苦境に立たされたが、第3打をピンから約2メートルにつける絶妙のアプローチを見せた。これを難なく沈めてパー発進。「優勝しか考えていない」と前日話していた松山のメジャーでの戦いが始まった。

最終更新:5/17(金) 15:46
日刊スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事