ここから本文です

BC新潟長谷川、スカウトの熱視線もなんの7回0封

5/16(木) 21:48配信

日刊スポーツ

<ルートインBCリーグ:新潟9-0栃木>◇16日◇みどりと森の運動公園野球場

新潟の今秋ドラフト候補右腕、長谷川凌汰投手(23)が7回を1安打8奪三振、無四球で無失点と好投し、今季2勝目を挙げた。チームは引き分けを挟み、9連勝。東地区首位を固めた。

【写真】BC新潟長谷川、今秋競合ドラ1投手目指し妥協なし

DeNA、ソフトバンク、オリックスなどのスカウトが視察する中、長谷川が隙のない投球を見せた。出した走者は3回表に先頭打者に許した一塁内野安打の1人だけ。ほかの回は3人で仕留めた。

「低めの直球とフォークで抑えられた」。この日の最速は148キロ。自己最速の153キロには届かなかったが、持ち球を発揮した。「スカウトと勝負するわけではない。打者との勝負なので」と視線を意識することなく、その上できっちりとアピール。春先は腰痛のため出遅れたが「今は問題ない」。実戦感覚は磨かれ、注目度もじわじわと上がってきた。

最終更新:5/18(土) 0:26
日刊スポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/25(土) 18:25

あなたにおすすめの記事