ここから本文です

只見線走る美景写す 星さん若松で作品展

5/17(金) 8:25配信

福島民報

 JR只見線の撮影に取り組む金山町の写真家星賢孝さんの作品展「只見線・四季彩々」は十五日、会津若松市の福西本店と会津信用金庫七日町支店で始まった。六月十六日まで。

 星さんの写真集「奥会津・只見線 四季彩々」(歴史春秋出版、税込み二千四百八十四円)の刊行を記念し日本財団のわがまち基金を活用し催している。福西本店で四十六点、七日町支店で八点を展示している。只見線車両が花満開の中を走る姿や霧が立ちこめる只見川を渡る様子など、春夏秋冬の只見線沿線の美景を観覧できる。

 星さんと交流のある作家椎名誠さんがモンゴルで撮影した写真十五点も紹介している。

 福西本店での観覧は三百円が必要。午前十時から午後五時(最終日は午後四時)まで。七日町支店は観覧無料で平日の午前九時から午後三時まで。福西本店では十八日午後五時半から星さんが作品を紹介し、六月二日午後五時半から星さんと市内のデザイナー斎藤志登美さんが語り合う。

   ◇   ◇

 福西本店では五月十七日から同二十六日まで会津美里町の「草春窯 工房爽」を主宰する田崎宏さんの個展を開催する。鋭さと柔らかさを併せ持つ味わい深い白磁の花器や茶器、食器など約四十五種百六十点を鑑賞できる。入場無料。午前十時から午後五時まで。

 五月二十九日から六月九日は斎藤さんがデザインした作品を紹介する「しとみのし展」を催す。観覧無料で午前十時から午後六時まで。

最終更新:5/17(金) 16:57
福島民報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事