ここから本文です

「生きる意味なんて、ほぼない。でも……」生きづらさに向き合う相談者の答え「人生に急いでいませんか?」

5/20(月) 7:00配信

withnews

令和となり20日になりました。お祭りムードも一段落し、慌ただしい日々が戻っています。時には「なんでこんなに働いているのだ」「生きる意味とは?」と、考え込んでしまう人もいるかもしれません。これまで600人以上の悩み相談にのってきたカリスマ相談者のモカさん(33)は温かい口調で「生きる意味ですか? ほぼないですね」。そして、こう続けます。「でも、生きる価値はあるんです」(朝日新聞記者・高野真吾)

「学校しんどい、わかるよ」 きれいごとは通じない本音のマンガ

〈令和に悩む、システムエンジニア 佐藤学さん(32)〉(モカさんに寄せられた複数の相談者の事例を組み合わせています。記事の最後に相談窓口の案内があります)

佐藤さんは今日も終電帰りです。こんな日が続くと体にこたえます。

大学院卒業後、1人暮らしを楽しんできましたが、最近の週末は寝て過ごすことが多くなりました。たまの楽しみは、部屋で飲む一人酒ぐらい。アルコール度数の高いチューハイがお気に入りです。

仕事はきついけど、ある程度のやりがいは感じていて、衣食住は足りています。この2年間、彼女はいませんが、友人からは定期的に女性を紹介されます。元来、付き合いが悪くなく、安定的な収入があるためでしょう。

それでも、お酒が入る度、「何のために働いているのだ」との疑問が沸くようになりました。最近は、「生きる意味って何だっけ」との問いも生じます。

昨年、話題になった漫画『君たちはどう生きるか』を読んでみようかと迷っています。本屋で手にしたいのですが、時間が取れずにいます。

モカさんの回答は……

こんな疑問を感じている人は多いです。忙しい合間にふと考える人だけでなく、時間に比較的余裕がある人でも同じ思いを抱いています。

私が思うには、生きる意味は、あるっちゃあるけど、ないっちゃない。もっと、正直に言うと、ほぼない。

突き放した回答になるので、分かるように説明していきます。

全くの0%ではないけど

「ほぼない」としたのは、物理的な世界で捉えた上での回答です。

この社会に対して、自分の存在意義があるのか考えてみます。そして社会から、世界、宇宙へと広げてみると、どうでしょう?

宇宙となると、ものすごく広い対象と自分を比較することになりますよね。地球すらちっぽけなのに、私たちのような1個人は、微生物みたいな存在になります。

その私たちが、ピュッと生まれて、ピュッと死ぬ、みたいなのが人の一生になります。そうすると、意味など、ほぼない。「ほぼ」としたのは、この現実世界に存在している以上、全くの0%ではないからです。

0.00000……1%ぐらいの存在理由はあるでしょうから、「ほぼ」としました。

1/2ページ

最終更新:5/20(月) 10:57
withnews

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事