ここから本文です

SBドライブ、運転席のない自動運転EVバスの試乗会を「人とくるまのテクノロジー展 2019 横浜」で実施

5/17(金) 0:00配信

Impress Watch

 SBドライブは、5月22日~24日にパシフィコ横浜・展示ホール(神奈川県横浜市)で開催される自動車技術展「人とくるまのテクノロジー展 2019 横浜」の「主催者企画展示」コーナーに協力。運転席を持たない自動運転のEV(電気自動車)バス「NAVYA ARMA(ナビヤ アルマ)」を車両展示するほか、敷地内に用意される屋外コースでナビヤ アルマの試乗会を実施する。

 試乗会は5月22日~23日の各日10時~16時(12時~13時を除く)に行なわれ、参加は展示ホール Bの企画展示コーナーで当日受け付け。1時間につき5便が運行し、各便の定員は8人。バス内で自動運転の仕組みなどに関する解説が行なわれ、往復340mのルートを走行する。試乗時間は解説などを含めて約10分間。

 このほかに会場では、SBドライブが開発中の自動運転バス運行プラットフォーム「Dispatcher(ディスパッチャー)」の紹介も実施。遠隔から自動運転バスの運行管理などを行なえるディスパッチャーを使い、試乗会で屋外コースを走るナビヤ アルマの運行状況や車内の映像をリアルタイムで紹介する。

Car Watch,編集部:佐久間 秀

最終更新:5/17(金) 0:00
Impress Watch

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事