ここから本文です

アロンソのようなドライバーがタイヤテストには適任だとピレリ

5/17(金) 16:58配信

TopNews

F1公式タイヤサプライヤーであるピレリが、タイヤテストにはもっと経験のあるF1ドライバーを起用して欲しいとの要望をあらためて表明した。

スペインのバルセロナ-カタルーニャ・サーキットで14日(火)と15日(水)の2日間にわたってF1公式インシーズンテストが開催されたが、そこでは数名のドライバーによる2020年仕様のプロトタイプタイヤのテストも行われていた。

14日にはセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)とセルジオ・ペレス(レーシングポイント)、そして15日にはシャルル・ルクレール(フェラーリ)とランス・ストロール(レーシングポイント)がそのプロトタイプタイヤでのテストを担当している。

だが、ピレリとしては昨年限りでF1を引退したフェルナンド・アロンソのように非常に経験豊かなドライバーがテストを務めてくれることを願っているようだ。

実際、今年はアロンソがバーレーンGP後に行われたテストでタイヤテストを担当している。

「我々は幸運だったし、あれほどの経験を持つドライバーが助けてくれたことを非常に喜んでいるよ」

アロンソについてそう語ったピレリの自動車レース責任者を務めるマリオ・イゾラは次のように付け加えた。

「若いドライバーたちにもクルマに乗る必要があるのは理解している。だが、タイヤテストで我々が必要なフィードバックを得るのは非常に難しいんだ」

最終更新:5/17(金) 16:58
TopNews

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事