ここから本文です

連覇狙うB・ケプカが「63」の大爆発「“60”が出てもおかしくなかった」

5/17(金) 9:31配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<全米プロゴルフ選手権 初日◇16日◇ベスページ・ブラックコース(米国ニューヨーク州)◇7459ヤード・パー70>

ブルックス・ケプカの男前ド迫力スイング【連続写真】

「(メジャー勝利数が)2桁にならない理由がわからない」。開幕前、そう言い放った男が有言実行のロケットスタートを見せた。

米国ニューヨーク州にあるベスページ・ブラックコースを舞台に開幕した海外メジャー第2戦「全米プロゴルフ選手権」。タイガー・ウッズ(米国)、フランチェスコ・モリナリ(イタリア)とともに“最注目組”でプレーした前年覇者のブルックス・ケプカ(米国)が、ボギーなしの7バーディで“63”の大爆発。コースレコードをマークする圧巻のゴルフで単独首位に立った。

「10番のパットが決まったとき、“いける”と思った」。インコースからスタートしたケプカは、スタートの10番で約13メートルのパットを沈めてバーディ発進。さらに14番、18番でも着実にスコアを伸ばし、前半を3アンダー「32」で折り返す。

後半に入ってからさらに勢いを増すケプカは、1番、3番、5番、9番と4つのバーディを奪取。タイガーとモリナリがともに2オーバーと伸び悩む中、7アンダーという圧倒的なスコアでこの日のプレーを終えた。

アンダーパーの選手がわずか16名という厳しいコンディションの中、異次元のプレーを見せたケプカだが、けっして満点のプレーではないという。「今日はパー5で伸ばすことができなかった。バーディを獲れると思っていたので非常に残念。2番や10番では5フィート(1.5メートル)ほどの距離を外しているし、60で回ってもおかしくなかった。ただ、かなりいいラウンドだったとは思う」。

この日はタイガーと同じ組ということで、大ギャラリーを引き連れてのプレーになったが、そんな喧騒もどこ吹く風。「タイガーとプレーすれば何が起こるかはわかっている。ニューヨークでは誰もが彼を応援するだろう。彼がパットしたなら、かなり騒々しくなるはずだ。でも、そんなギャラリーは好きだし、楽しいと感じている。フェニックスの16番だってそうだろう? あそこでプレーする時もいつも楽しい」とギャラリーの“大声”すらビッグスコアの原動力にしてみせた。

「3、4打リードしていたとしても、このフィールドではそんな差はすぐに埋まってしまう。だから、ずっとアクセルを踏み続けるだけさ」。大会連覇に向けて、最高のスタートを切ったケプカだが、油断する気持ちは微塵(みじん)もない。このままリードを広げるのか、それとも下から追い上げる選手が現れるのか。明日の展開が気になるところだ。(文・田辺直喜)

(撮影:岩本芳弘)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:5/17(金) 9:31
ゴルフ情報ALBA.Net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事