ここから本文です

クロノジェネシス2週連続姉妹G1制覇だ 骨折した姉の分まで…世代の頂点に立つ

5/17(金) 6:00配信

デイリースポーツ

 「オークス・G1」(19日、東京)

 姉のためにも、3歳女王の座をもぎ取ってみせる-。阪神JF2着、桜花賞3着。あと一歩のところで悔し涙を流してきたクロノジェネシス。デビューからコンビを組む北村友一騎手(32)=栗東・フリー=にとっても、初のクラシック制覇が懸かる一戦。その熱い思いは今、最高潮へと達してきた。

 勝てば12年ぶりに、きょうだい馬による2週連続JRA・G1制覇となる。84年のグレード制導入後、5例目の快挙へ陣営も大いに勢いをもらった矢先だった。16日に飛び込んできた、半姉ノームコアの左第1指骨剥離骨折判明のニュース。先週のヴィクトリアマイルを1分30秒5という破格の日本レコードで制したが、その代償は大きかった。

 当然、北村友の思いも一層強くなる。「デビューから乗せてもらっているし、成長を先生(斉藤崇師)とともに見てきました。この馬で勝ちたいという思いは強いです」とキッパリ。この春、アルアインと臨んだ大阪杯で待望のG1ジョッキーにもなった。「状態はすごくいい。瞬発力があるなかで、長くいい脚を使える」と相棒への信頼は厚い。戦線離脱の姉の分まで。切れ味鋭い豪脚で、世代の頂点に立ってみせる。(デイリースポーツ・赤尾慶太)

最終更新:5/17(金) 7:55
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事