ここから本文です

「はこだてトリエンナーレ」横浜でPR展 18日から

5/17(金) 12:00配信

カナロコ by 神奈川新聞

 北海道で開かれる「はこだてトリエンナーレ」(6月28日~7月21日)をPRするサテライト展が18日から、横浜市西区のみなとみらい(MM)線横浜駅地下2階の南北連絡通路で始まる。26日まで。入場無料。

 はこだてトリエンナーレは、道南いさりび鉄道沿線の3市町(函館市・北斗市・木古内町)の16会場で開催。「旅」をテーマに作品を出展する約30人のアーティストのうち、横浜駅では9人が立体や彫刻、写真などの作品を発表する。美術家石川潤さんは、この通路で傘に姿を隠して休んでいる人たちがいることを知り、傘を使った作品の展示を通してこうした人たちとの両立を考えるという。

 最終日の26日午後3時から、横浜在住で「はこだて観光大使」の手回しオルガン奏者、紀(きの)あささんが演奏する。

 横浜と函館は今年ともに開港160周年を迎えることから、開港都市としてつながりのある横浜をサテライト会場に選んだ。道南いさりび鉄道の車両内では横浜での展示期間の前後、MM線や横浜を紹介する展示を行うことにしている。

 主催は「旅する芸術祭実行委員会・hakodate+」。

神奈川新聞社

最終更新:5/17(金) 12:00
カナロコ by 神奈川新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事