ここから本文です

アロンソ&マクラーレン、インディ500予選敗退の危機も「パニック状態ではない」

5/17(金) 19:08配信

motorsport.com 日本版

 インディ500に挑戦しているマクラーレン・レーシングのザク・ブラウンCEOは、フェルナンド・アロンソが順調に走行を重ねられていないにも関わらず、チーム内の雰囲気は落ち着いていると話した。

佐藤琢磨は特別カラーのマシンで参戦! 第103回インディ500フォトギャラリー

 練習走行初日、アロンソは電気系の問題により走行が50周に留まった。チームはマシンの配線を交換して2日目の走行に臨んだが、アロンソは46周を走行したところで、ターン3でクラッシュを喫してしまった。そしてその影響により、3日目の練習走行にも参加することができなかった。

 最も周回を重ねているスペンサー・ピゴット(エド・カーペンター)が3日間合計で302周を走っていることを考えると、アロンソの96周というマイレージはかなり物足りないものだと言えそうだ。

 またクラッシュの後、マクラーレンはシャシーを新たに組み上げることになった。さらに、アロンソが使っていたシボレーエンジンもダメージを受けていたという。

 チームのスポーティングディレクターであるジル・ド・フェランは、チームのプレスリリースに、エンジン交換は”追加の作業負担”になるとコメントした。

「今日(3日目)に走行できなかったのは、我々のインディ500プログラムにおいて大きな躓きだ。だが、全てが失われたわけではない。残り1日の練習走行で、予選に向けて準備をすべきだ。我々の目標は、クリーンで素晴らしい1日を過ごすことだ」

 CEOのブラウンはmotorsport.comに次のように語った。

「我々は完全なスペア(シャシーおよびエンジン)を持つことは許されていない。だから、それを組み上げることになった。作業を適切に行うことが重要だ。状況は理想的ではない」

 17日(金)の練習走行は、予選に向けてターボのブースト圧が1.3barから1.4barへと引き上げられる”ファスト・フライデー”となる。走行初日32番手、2日目29番手と沈んでいるアロンソにとって、この日の仕上がりが予選落ちを回避し、決勝を戦う33台に残れるかどうかを大きく左右すると言っていいだろう。

 チームとアロンソが、重要な1日を前にパニックになっているのではないかと尋ねると、ブラウンはそれを否定した。

「いや。彼らはリラックスしている」

「フェルナンドは、アクシデントで少し痛みを覚えた。彼の脚とステアリングが当たったんだ。ただ、彼は問題ない」

「インディがどういうものか分かっている。パニックになるということは、すなわちミスを犯してしまうということを意味する。だから冷静さを保ち、マシンを適切に作り上げ、正しくセットアップするんだ。セッティングを整えるのには長い時間がかかるので、急ぐことができるとは思っていない」

 2017年にアロンソがインディ500に初挑戦した際、マクラーレンはアンドレッティ・オートスポートと提携し、計6台体制のうちの1台としてマシンを作り込んでいった。しかし今回はカーリンと提携してはいるものの基本的には1台のみでの参戦であり、さらにインディ500へのスポット参戦となるため、データの蓄積はほぼない。ブラウンは、こうした参戦体制が不利に働いていることを認めた。

 アロンソと同じ走行2日目にクラッシュを喫したフェリックス・ローゼンクヴィスト(チップ・ガナッシ)は、クラッシュ発生がアロンソよりも4時間半遅かったにも関わらず、走行3日目の午前10時にはマシンが車検を通過。午前11時のセッション開始からコースインの準備ができていたことからも、名門チップ・ガナッシとのチーム力の差が大きいことが伺える。

「新しいチームというのは、時間がかかるという点で確かに不利だ」とブラウンは話した。

「メンバーはみんな非常に経験豊富だが、これまでチームとして一緒に働いたことはなかった。だから、彼らが一晩でマシンを再構築しなければならなかったのも初めてだ」

「それを乗り越える唯一の方法は、そこから学び、ひとつの新しいチームになることだ。彼らはクールで落ち着いていて、団結している」

 ファスト・フライデーのマシンセットアップについて、ダウンフォースを増やしてマシンを安定させるのか、それともダウンフォースを減らして予選を想定した走行をするのか尋ねると、ブラウンは「まだ決めていない」と答えた。

「今夜、どういう計画にするか決めるつもりだ」

「フェルナンドは1周目から”再開”したがるだろうが、我々はレースカーがどんな状態かを確認しなければならない。同じものは何ひとつないんだ。(挙動が)同じでなければならないが……」

「彼はマシンに乗ったらすぐにでもアクセルを全開にしたがるだろう。だが彼は、適切なシステムチェックをする間、忍耐力を示す必要がある」

David Malsher

最終更新:5/17(金) 19:08
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事