ここから本文です

「ガーディアンズ3」解雇&再雇用されたジェームズ・ガン監督、心境を初告白

5/17(金) 16:00配信

映画.com

 [映画.com ニュース] 「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー3(仮題)」への復帰が決定したジェームズ・ガン監督が、解雇された際の心境を初告白した。

 ガン監督は2018年7月、過去の不適切なツイートを理由に、20年に公開を予定していた「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー3(仮題)」から降板させられた。この出来事は映画業界に大きな衝撃を与え、出演者たちが連名で再雇用を求める声明を発表したり、ファンによるオンラインの署名活動へと発展。その後、ガン監督はウォルト・ディズニー・スタジオのアラン・ホーン会長との複数回の面会を経て、今年3月に再雇用されている。

 全米公開が迫るホラー映画「ブライトバーン(原題)」のプロモーションで、同作のプロデューサーを務めるガン監督が米Deadlineの独占取材に応じた。ディズニーに解雇された日のことを、ガン監督は「人生でもっとも感情的な日だった」と振り返る。「それまでの人生でもきついときはあった。依存症を絶とうとしていたとき、友人が自殺したときなどだ。でも、今回は非常にきつかった。すべてがなくなってしまった、キャリアが終わったと感じたよ」。

 しかし、すぐに「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の出演者をはじめ、業界内の友人たちから電話が殺到。自分がいかに愛されているか実感することが出来たという。「だから、あの日は人生最悪でもあり、人生最高の日でもあったよ」。

 その後、米ワーナー・ブラザースからのオファーを受け、DC映画「スーサイド・スクワッド2(仮題)」の脚本を執筆。そのまま自らメガホンをとることになった。「『スーサイド・スクワッド』は、あっという間に流れ出した感じだ。これほど楽しんで脚本を書いたのは、『ドーン・オブ・ザ・デッド』以来かもしれない」。

 ライバルのDCで映画監督を続けられることになったガン監督だが、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー3(仮題)」に未練はあったという。最大の後悔は、自らの分身であるロケット・ラクーンの物語を完結させることができなかったことだと明かす。「ロケットに共感していて、完全に愛着を覚えている。そして、彼の物語はまだ完結していないように感じていた。ロケットの物語は最初の映画で始まり、2作目を経て『インフィニティ・ウォー』『エンドゲーム』へと続いている。『ガーディアンズ3』でそれを完結させるつもりだった。だからこそ、喪失感が大きかったんだ」。

 監督復帰を果たす「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー3(仮題)」は、「スーサイド・スクワッド2(仮題)」の後に取りかかることになる。「今回の出来事でたくさんのポジティブなことがあった。このプロセスを経て、自分についてありとあらゆることを学ぶことができたよ」と改めて振り返った。「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー3(仮題)」の公開日は、現時点では未定。

最終更新:5/17(金) 16:00
映画.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事