ここから本文です

元ルームメイトの「かわいい後輩」の死に涙… 香妻琴乃が語る大山亜由美さんとの思い出

5/17(金) 15:31配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<ほけんの窓口レディース 初日◇17日◇福岡カンツリー倶楽部 和白コース(6292ヤード・パー72)>

大山亜由美さん死去で… 香妻琴乃も黒の喪章をつけてプレー【LIVEフォト】

16日にがんのため25歳の若さで亡くなった大山亜由美さんと、かつてルームシェアをするなど親交が深かった香妻琴乃が、ラウンド後取材に応じ、悲しみにくれる今の心境を明かした。

ともに鹿児島県出身。1992年4月生まれの香妻と、94年2月生まれの大山さんは1学年違いの先輩・後輩という仲。ジュニア時代からコーチが一緒だった2人は、合宿などで1カ月以上生活をともにするなど腕を磨いていった。

そんな後輩の突然の訃報。「(病状について)本人が言わないで欲しい、という意思があったみたいで。“ケガをしているのかな?”くらいにしか思っていなかったです。全然知りませんでした」。闘病中とは露ほども思わなかった。「マイペースだけど運動神経はよくて、体を動かすのが好き。よく“私はケガをしない”と言っていました」。健康そのものだっただけに、前日に連絡を受けた時には「信じられないし、実感が湧かない」と呆然となった。

思い出すのは2014年の「サイバーエージェントレディス」。香妻が優勝争いを繰り広げていた会場に、応援にかけつけた大山さんの姿があった。「その時、置いてあったウェアに、アイロンをかけてくれていました。『かけておきましたよ』って…。私もはやく同じ場所に立ちたい、そう言ってました」。その日のことを思い出すと、言葉をつまらせて、大粒の涙を流した。

「やっとプロテストに受かって(15年)これからだったのに…。手が焼けることもあったけど、かわいい後輩でした。亜由美ちゃんの分も頑張りたい」。デビュー時には東京五輪出場が夢と語っていた大山さん。志半ばで旅立った後輩の思いも胸に、香妻はこれからもゴルフと向き合っていく。(文・間宮輝憲)

(撮影:村上航)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:5/17(金) 23:42
ゴルフ情報ALBA.Net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事