ここから本文です

東伊豆 町長減給案を可決、退職の前課長も自主返納

5/17(金) 17:03配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 町営風力発電所の予算議決前工事を巡り、太田長八町長への辞職勧告決議をした東伊豆町議会は17日、臨時会を開き、管理監督責任として太田町長の給与を6月から6カ月間、10%減額する給与条例改正案を可決した。鈴木利昌副町長も減給2カ月間10%とする。

 審議で太田町長は、町の再発防止策として、同工事を巡る同議会百条委員会の報告で改善を求められた法令順守の徹底や相互チェック体制の構築を早急に実施するほか、9月をめどに公益通報制度の見直しを行うと述べた。

 議会終了後、太田町長は議決前工事の指示を認めた前企画調整課長(3月末で退職)が退職時の給与6カ月間10%分を町に自主返納する意向を示したことを明らかにした。前企画調整課長は15日に自主返納を申し出たという。町によると、給与6カ月間10%の減額は、町一般職員の減給処分として最も重い額に当たるという。

静岡新聞社

最終更新:5/17(金) 17:03
@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事