ここから本文です

NGT48山口ら18日“3人だけ”の卒業公演まさかのサプライズあるのか

5/17(金) 17:03配信

東スポWeb

 昨年12月にファンを名乗る男2人から暴行被害を受けたNGT48の山口真帆(23)、この山口を支えてきた菅原りこ(18)、長谷川玲奈(18)が18日の卒業公演をもってグループから卒業する。卒業公演は多くのメンバーに見送られるのが通常だが、今のところ出演予定が卒業する“3人だけ”という異例のステージ。果たしてサプライズはあるのか? いったいどんな結末を迎えるのか? 予測してみると――。

 18日に新潟市内のNGT48劇場で行われる卒業公演をもってグループから卒業する山口ら3人。

 14日のグループ公式サイトでは、公演タイトルが「太陽は何度でも」に決定したことが発表された。ただ、出演メンバーの表記は山口、菅原、長谷川の3人のみ。6日に公式サイトで初めて公演の詳細が発表された時と変わらず、“3人だけ”の寂しい花道になる可能性が残った。

 そんななか、3人のファンはチケットがなく公演が見られなくても、全国から新潟に集結する動きを見せているという。

 山口に寄り添いながらも、グループに残留する村雲颯香(21)ら一部メンバーが出演する可能性もあるが、メンバー全員での見送りを期待するファンは意外と多くない。

「事件発覚後、次々にメンバー間の確執を思わせる記述や動画などが発見されている現状。それらを否定する発信もほとんどないため、対立構図が事実としてとらえられてしまっている。ファンも今までの卒業公演の形にこだわらず“卒業する3人を見送りたいメンバーだけで構わない”という気持ちのようです」(芸能プロ関係者)

 そうはいっても、本紙が報じたように3人だけの卒業公演となれば“グループから追い出したに違いない”と残るメンバーに批判が向きかねない。このまま残されたメンバーで活動を続けても、無関係のメンバーまでも激しいバッシングに遭ってしまうだろう。そんなイバラの道を防ぐ可能性のある“サプライズ”を願う声も根強いという。

「山口らと、その対立していたメンバーたちとの歩み寄りです。公演というファンにも公開された場で、お互いが本音をぶつけ合いながら、謝罪するところはする」(前同)というものだ。

 一見すると実現の可能性は低そうだが「AKB48グループといえば、想像もつかないサプライズで人気を獲得してきた面もある。どん底に陥っているNGT48が一からやり直すなら、それしかないでしょう。ファンも当事者たちの生の声が一番納得するはず」(前同)。

 NGT48は4月21日に現存2チームを解散し、全メンバーを1期生と研究生に分けて、再スタートすることが決定済みだ。山口らは卒業するが、事件後も山口を支えてきた村雲は残留を決めている。

「多くのファンは、村雲1人だけが残留して活動を続けていくことを不安視している。当然ですが、山口らも同じような気持ちを持っている。卒業すれば、フォローするのは難しいわけですから、何か行動するなら卒業公演しかない」(前同)

 山口は1月にツイッターで事件を告発した際、自身が副キャプテンを務めていたチームGのメンバーについて「守りたい」と決意を告白。混迷するグループで今後も活動を続けるメンバーに何かしたい思いはあるはずだ。

 また山口ら3人は卒業後の具体的な進路を公演で明かすとみられる。

 去る山口らと残されるメンバーはどんな最後を迎えるか。長期化した一連の騒動の“結末”にファンは注目している。

最終更新:5/17(金) 17:03
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事