ここから本文です

【オークス】ラヴズオンリーユー 前走の忘れな草は「デキは6割ぐらいの感じ…ほとんど能力で」楽勝

5/17(金) 21:21配信

東スポWeb

【オークス(日曜=19日、東京芝2400メートル)稲富菜穂のだいじょばない】どうも、稲富菜穂です。先週、お仕事で東京競馬場へ行ったところ、すでにオークス&ダービー仕様になっていて、めちゃくちゃ華やかで興奮したぁ。今週のオークスでは、センターコートでイベント出演させていただく予定。東京競馬場の華やかさに置いてかれないよう、頑張っておしゃれして出演します。お時間が合えば、ぜひ遊びに来てください♪

 その前にオークスの取材ですよ、取材っ。桜花賞組からはクロノジェネシスに注目ですっ。デビューからずっとコンビを組んでいるのは北村友一騎手。乗っていて感じる成長はありますか?

「新馬戦(1着)の時から出来上がっていたし、ポテンシャルも高いと感じていたので、特に大きく変わったところはないかな」

 元から完成されていたというか、すごい馬だったんですね! 中間の様子は?

「1週前に“落ち着いてるなぁ”と感じた。そのリラックスした雰囲気のまま、リズム良く追い切りができましたね。最終追い切りは、いつも馬の手応えを探るような感じで行うのですが、今回は終始、いいリズムのまま(ラスト1ハロンは)いい時計が出た。すごく調子がいい証拠だと思います」

 くぅ~っ。楽しみしかないんですけど!? 東京コースも2戦2勝と相性バッチリですっ。

「勝っているのは1800メートル(アイビーS)と1600メートル(クイーンC)。距離は違いますけど、東京競馬場の長い直線でいい脚を長く持続できるイメージは持っています。2400メートルがプラスに働くとは言えませんが、折り合いを欠くこともなく、コントロールが利く馬なので、自信を持って乗るだけですね」

 桜花賞3着馬は、やはり外せない一頭になりそうです!

 対して別路線組の注目は無傷でV3中のラヴズオンリーユー。岡助手にお話を伺いましたっ。前走の忘れな草賞も強かったですねぇ。

「牧場で調整がうまいこといかないところがありまして…。正直、デキは6割ぐらいの感じだったんですけど。競馬へ行ってみたら、あの内容ですから。ほとんど能力だけで勝ってくれたのかなと思っています」

 あの楽勝だったのに!? すごい能力なんやなぁ。もう一度、レースを見返してみよっと。今回は初めての東京コースになります。

「長距離輸送が初めてのことですし、カイ食いが不安なところもあるので、そのあたりはやってみないと分かりませんね。ただ広いコースはこの馬にとってプラスになるとは思っています。距離も走ってみないと…っていう部分ではあるのですが、3歳牝馬で2400メートルがいい馬はなかなかいない。その中でどれだけやれるかですね。とにかく輸送をクリアして、当日落ち着いていれば、能力は発揮してくれるんじゃないかなと思います」

 馬体重とパドックは必ずチェックしやす! 華やかな女の子たちの戦いに向けて、私も「女子力」上げて“当日輸送”で現地に向かいまするっ!

☆いなとみ・なほ=1990年12月16日生まれ。関西在住のタレントとして幅広く活躍し、現在はABC「おはよう朝日です」、サンテレビ「アサスマ探検隊」、ひらかたパークのCMなどに出演中。彼女が取材した馬が激走することが多いことから、一部のトレセン関係者から「競馬界の女神」と呼ばれている。

最終更新:5/17(金) 21:21
東スポWeb

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事