ここから本文です

竹内まりや「プラスティック・ラブ」の新解釈MV、監督は林響太朗

5/17(金) 13:00配信

音楽ナタリー

竹内まりやが1984年に発表した楽曲「プラスティック・ラブ」の新ミュージックビデオがYouTubeで公開された。

【動画】竹内まりや「プラスティック・ラブ (Short Version)」(メディアギャラリー他2件)

「プラスティック・ラブ」は1984年リリースのアルバム「Variety」の収録曲。35年前の楽曲ながら、動画サイトにアップされた音源が海外で拡散されたことにより、1980年代日本のシティポップアイコンとして世界中のDJの間でブームになっている。今回のMVの監督は映像クリエイターの林響太朗が務めており、「プラスティック・ラブ」の世界を新たな解釈とともに映像化。MVについて林は「時代の波に埋もれないこの名曲を、令和になったこの年に改めて世に放てたこと。それに監督として関われたこと。大変光栄でした。この曲が生まれた時代への尊敬と、僕ら同世代の解釈を織り交ぜ一丸となって作りました。ぜひご覧ください」とコメントしている。

また本日5月17日からは、竹内のライブドキュメンタリー映画「souvenir the movie ~MARIYA TAKEUCHI Theater Live~」のアンコール上映がスタートした。この上映は2週間の期間限定で、同時に山下達郎の2012年のライブ映像作品「山下達郎シアター・ライヴ PERFORMANCE 1984-2012」も上映されている。

最終更新:5/17(金) 13:00
音楽ナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事