ここから本文です

安全確保で園児移動路を全国点検 国交省、大津市の交通事故受け

5/17(金) 12:02配信

共同通信

 保育園児ら16人が死傷した大津市の交通事故を受け、石井啓一国土交通相は17日の記者会見で、園児らが散歩などで移動する経路の安全確保に向け、全国的な点検に着手したと明らかにした。警察や自治体と連携し、過去5年に子どもが重大な被害に遭った交差点などを調べる。

 結果を基に国交省は、ガードレールや車止めの設置などの対策を実施する自治体への支援拡充の検討を進める。

 地方整備局などに13日付で通知した。石井氏は「交通安全の向上に全力で努める」と強調。これとは別に、散歩コースなどに危険が潜んでいないかを効果的に検証する方法を、厚生労働省などと協議する方針だ。

最終更新:5/17(金) 16:20
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事