ここから本文です

ヤクルトOBの名捕手・八重樫氏が始球式「座って投げた方が届くね」

5/17(金) 18:37配信

デイリースポーツ

 「ヤクルト-DeNA」(17日、神宮球場)

 試合前の始球式をヤクルトOBの八重樫幸雄氏が務めた。

 現役時代の背番号28のユニホームを着てマウンドへ。球団史に残る名捕手とあって、投手のフォームからの“投球”ではなく、一度しゃがんでから素早く捕手のフォームで本塁へ“送球”。外角低めに見事なストライクを決めた。

 「ストライクが入ったね。マウンドは高いなあと。練習ではピッチャーの格好でやったんだけど、座って投げた方が届くね」と笑顔。今季の古巣の戦いぶりには「もともと得点力はあるからね。あと2枚ぐらい先発がそろえば」と期待を寄せた。

最終更新:5/17(金) 18:43
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事