ここから本文です

巨人・ヤングマン 六回途中1失点 3連続四死球で降板もリリーフ陣がカバー

5/17(金) 19:58配信

デイリースポーツ

 「中日-巨人」(17日、ナゴヤドーム)

 巨人・ヤングマンが、五回まで3安打無失点の力投。2試合連続で五回持たずに降板していたが、試合を作った。

【写真】ヤングマン どこかで見た3連続四球からの降板劇

 二回に三者連続三振を奪うなど、緩急を駆使して中日打線を翻弄(ほんろう)。四回は先頭ビシエドに左前打を打たれたが、慌てることなく後続を抑え、無失点で切り抜けた。

 打撃でも奮闘した。六回、先頭で強烈な右前打を放って出塁。その後、1死満塁から岡本の2点二塁打などで3点を先制した。

 だが、その直後、六回のマウンドで突然の乱調。先頭から3者連続四死球を与え、降板となった。2番手には高木が登板した。

 高木はワンポイントで高橋を空振り三振。3番手アダメスは福田に犠飛を打たれたが、阿部を空振り三振に仕留め、最少失点で切り抜けた。ヤングマンは5回0/3を1失点となり、3勝目の権利を手にした。

最終更新:5/17(金) 20:07
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/27(木) 5:45

あなたにおすすめの記事