ここから本文です

巨人・沢村が守護神で復活!981日ぶりセーブ 原監督の大胆起用に客席がどよめく

5/17(金) 21:11配信

デイリースポーツ

 「中日1-4巨人」(17日、ナゴヤドーム)

 巨人・沢村拓一投手が、3点リードの九回から登板。守護神として三者凡退で締め、16年9月8日の阪神戦(甲子園)以来、981日ぶりとなるセーブを挙げた。チームの連敗は4で止まった。

【写真】ド迫力…沢村が賛否両論の?モヒカン姿

 「ピッチャー沢村」のアナウンスにスタンドがどよめいた。原監督はこの日、出場選手登録したばかりの沢村を守護神で大胆起用。剛腕は期待にこたえようと気迫をみなぎらせ、11球のうち150キロ超えを10球。不安の制球もまとまり、二ゴロ、空振り三振、遊ゴロに抑えた。

 今季はキャンプ中に先発転向が決まり、4月6日のDeNA戦で四回途中4失点。2軍降格となったが、チーム事情もあってリリーフに再々転向となった。原監督は「やっぱり専門職で頑張ってもらおうと。彼とも話をして納得してもらった」と、説明していた。

 沢村は16年に37セーブを挙げてセーブ王を獲得。17年は故障で登板なしに終わり、18年は中継ぎで49試合に登板。防御率4・64だった。

最終更新:5/17(金) 23:36
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事