ここから本文です

ヤクルト・小川監督「ここぞというところで…」エースに苦言

5/17(金) 23:16配信

デイリースポーツ

 「ヤクルト3-4DeNA」(17日、神宮球場)

 ヤクルトが今季2度目の3連敗。3位タイに転落した。

【写真】踏ん張れず…失点にガックリのライアン小川

 先発の小川は、三回2死二塁から神里を右飛に打ち取ったかに見えたが、雄平が打球を見失う不運な適時二塁打で先制点を献上。宮崎、ソトにも連続適時二塁打を許し、この回3点を失った。四回は先頭のロペスに中越えソロを浴びた。

 打線は四回に青木のソロ、七回にも青木の適時内野安打などで2点を挙げて反撃。九回も2死一、三塁の好機を作ったが、最後はDeNAの守護神・山崎に封じられた。

 小川淳司監督は「今日は不運なのはあったけど、その後1点はやむを得ないにしても、ここぞというところで制球が悪くなってしまった」と踏ん張り切れなかったエースに苦言。攻め切れなかった打線にも「あと一歩、あと一本というところだったけど…」ともどかしげだった。

最終更新:5/17(金) 23:23
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/20(木) 18:05

あなたにおすすめの記事