ここから本文です

美ボディ大会入賞の美女 見事なS字くびれで女性らしさ披露

5/17(金) 18:00配信

オリコン

 “夏が一番似合う男女”を決める美ボディコンテスト『サマースタイルアワード』(以下SSA)の地方大会が始まった。今年で開催5年目を迎えた同大会。8月に行われる全国大会への切符を賭け、大勢の男女が美しく鍛え上げた自慢の筋肉を披露した。なかでも、横浜大会で会場の視線を集めた2人の美女に話を聞いた。

【全身ショット】大胆なバックショットで美尻と美脚を披露する橋本慶子さん

■「この夏着る水着を既に購入。めっちゃお尻が出ている水着です(笑)」(青木麻弥華さん)

 女性の参加者に最も人気なのが、「ビューティーフィットネスモデル」部門。同部門で準グランプリに選ばれたのは、23歳のアイリスト、青木麻弥華さんだ。

 昨夏からパーソナルトレーニングを始めた青木さんは、昨年10月の「SSAルーキーチャレンジカップ秋大会」で大会デビュー。昨年12月開催の「SSA×NOVICE」にも出場し、2戦連続で上位入賞を果たしている。

 「今回こそは1位になりたいと思って、前大会のときにアドバイスをいただいていた背中と肩、そして個人的に大きくしたかったお尻を重点的にトレーニングしました。肩には自信が持てるようになったので、ポージングでは力み過ぎずに、女性らしい華やかさを出せるように心がけました」

 トレーニングで健康的な美ボディを手に入れたことで、自分に合った水着を選んで着ることが楽しくなったという青木さん。「実は、この夏着る予定の水着も既に買いました。ビキニの形で、めっちゃお尻が出ている水着です(笑)。お気に入りの水着をより自信を持って着るためにも、決勝大会では日本一になれるよう頑張ります」

■人生初の大会で3位入賞 きっかけは弟からの勧め(橋本慶子さん)

 大胆なモノキニビキニ姿で注目を浴びていたのは、28歳の橋本慶子さんだ。「ビューティーフィットネスモデル」部門では、3位に入賞した。

 普段は病院で医療事務の仕事をしているという橋本さん。トレーニングを始めたのは、ちょうど1年前。兄弟から勧められたのがきっかけだ。

 「鏡を見たとき、がっかりするような体型で、自分自身を好きになれなかった。そこで自信をつけるために、筋トレを始めました。大会に出ようと思ったのは、半年前。もともとSSAに出場していた弟から『大会に出るっていう目標があると、モチベーション上がるんじゃない?』と言われ、決意しました」

 今回、人生初の大会に臨んだ橋本さん。ステージ上では、ウエストからお尻にかけて、見事なS字のくびれを強調したポージングで女性らしさをアピールしていた。

 「自信があるのは背中と肩。もともと水泳をやっていたので、肩幅が広くコンプレックスだったのですが、筋トレを始めてから、肩は逆に強みに変わりました。筋トレは辛いけれど、体は正直だから。頑張れば頑張った分、ちゃんと結果が現れる。自分に自信をつけて、好きでい続けるためにも、トレーニングはこれからもずっと続けていきます」

最終更新:5/22(水) 1:25
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい