ここから本文です

賀来賢人、シリアスな“氷の殺人犯”を演じて「楽な役はひとつもない!」

5/17(金) 5:00配信

オリコン

 19日放送のテレビ朝日系ドラマスペシャル『死命~刑事のタイムリミット~』(後9:00~11:05)で、連続殺人に手を染めていく“氷の殺人犯”を演じた俳優・賀来賢人のインタビューが到着した。大ヒットした主演ドラマ『今日から俺は!!』(2018年)でのぶっ飛んだコメディー演技から一転、狂気と繊細さが同居するシリアスな芝居に取り組んだ心境を語った。

【写真】いい匂いがした吉田鋼太郎と

 同ドラマは、互いに病で余命宣告を受け、自らの死と隣合わせ状態の中、最期まで“正義の道”を貫き通そうと決めた刑事・蒼井凌(吉田鋼太郎)と、最期にずっと抑え込んできた“殺人衝動”を解き放とうと決めた榊信一(賀来)、正反対の“使命”を見出した男たちが織りなす、壮絶な追走劇。

■家に帰ったら、妻と子どもが楽しそうにしていて…

――『今日から俺は!!』の影響もあって、世間的に今は“賀来賢人=コメディー”という印象が強いと思いますが、今回は真逆の役どころですよね。シリアスな役だからこその難しさはありましたか?

【賀来】やっぱり難しいですよ。というか、どんなキャラクターの役も全部つらいです(笑)。それくらい、役を作っていくのは大変なんですよ。台本を覚えて、自分と全然違う人物に息を吹き込むわけですから…。楽な役はひとつもないです!

――榊はそういった役作りのつらさに加え、役の設定自体のつらさもあるわけですよね。

【賀来】そうなんですよ。実は撮影で首を絞めた後、家に帰ったら、妻と子どもが楽しそうにしていて…。癒やされると同時に、ギャップがすごすぎて(笑)、変な気持ちになりました。そのくらい精神的なダメージの大きい役だったので、大変でしたね。

――芝居とはいえ、殺人を犯してしまった罪悪感も…?

【賀来】それはやっぱり、ありますよ。『でも、仕事だしな!』と思って(笑)。僕、この仕事には切り替えが大事だと思うんですよ。実際、僕が尊敬する先輩方は『直前までバカ話をしていても、本番に臨めるのが真の俳優だ』という人が多いし、僕もその感覚がすごく好きなんです。

■殺人のシーンは一日にまとめて撮影

――先日、主演の吉田鋼太郎さんが「賀来賢人はすごい!」と、お芝居を絶賛されていました。

【賀来】ホントですか(笑)!? うれしいですね! そんなこと、会ったときには全然言ってくれないのに(笑)。

――ご自身の中でも手応えはありましたか?

【賀来】う~ん…榊は普通の人とは感覚が違うので、すごく難しい役でしたし、なかなか共感できる役ではなかったんです。だからこそ逆に、彼の心理を毎シーン想像しながら、すごく丁寧に作っていけた気がします。今回に関しては“その人になりきる”というやり方ではなく、台本を読んだときに僕自身が体感した恐怖みたいなものを、すごく大事にしながら芝居に乗せるような作業でしたね。

――殺人衝動に抗えず、ターゲットを探して夜の街をさまようときなど、榊の目の表情に思わずゾクッとしました。演じるにあたっては、どんなイメージをもって臨まれたんですか?

【賀来】榊は自分の死が迫る中、常に焦燥しているんです。だから街をさまようときは、人間の怖さといった強いベクトルよりも、人間の脆さや弱さを大事にしてましたね。殺人のシーンを一日にまとめて撮影したんですよ。そのときは、ものすごくつらくて苦しい気持ちになって…。榊を演じる上で、そのときの感覚は大事にしようと思いました。

――殺人のシーンの撮影を1日にまとめるとは…スタッフもドSですね!

【賀来】ホントおかしいんですよ、この作品のスタッフは(笑)! でも、それくらいの勢いでやっていただいたので、逆に榊のスイッチが入ったというか…。榊という人間の弱さを理解できるようになったんです。

1/2ページ

最終更新:5/19(日) 9:25
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事