ここから本文です

JOYSOUND、最新機種で中継機能 今夏にもライブビューイング導入へ

5/17(金) 15:16配信

オリコン

 業務用通信カラオケの最新機種『JOYSOUND MAX GO』の発表会が17日、都内で行われた。導入される新サービス「みるハコ」では、業界初となるライブビューイング機能を搭載。カラオケルームへ、ライブ会場の熱気、興奮をリアルタイムに届けるという。

【写真】VTRコメント、JOYSOUNDサポーターに就任した菅田将暉

 新サービスは、年間約200公演のライブ中継を行う『ライブ・ビューイング・ジャパン』と連携し、今夏にも全国のJOYSOUND直営店におけるライブ配信を予定。今冬から本格的にサービスを展開していく。

 そのほか『レコチョク』と連携し、公式ミュージックビデオやオリジナルコンテンツを配信予定。同時発表されたナイト市場向けモデル『JOYSOUND 響II』では、ハイレゾによるマイクサウンドで極上のカラオケ体験を堪能できる。

 この日の会見では、「JOYSOUNDサポーター」に俳優・菅田将暉の就任を発表。VTRコメントを寄せ「カラオケは大好きですし、なじみ深いもの。初めて(オファー)聞いたときは、すごくうれしかった」と笑顔をみせると「僕も全力でカラオケを楽しんでいきます!」と大役に意気込んだ。

 さらにゲストアーティストとして北山たけし、「dreamBoat」プロジェクトの風男塾、ael-アエル-、EUPHORIAが登場。スペシャルライブで会場を沸かせた北山は「先日、プライベートでカラオケに行きました。自分の曲ではありますが、全国採点で1位を獲ってしまいましたよ」と“カラオケ愛”を爆発させ、新機能について「遠方の方でライブに行けない方もたくさんいるので、そういう方も一緒にライブを感じられる。自分も勉強のためにどんどん見てみたい」と目を輝かせていた。

最終更新:5/20(月) 11:25
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事