ここから本文です

元バルサ会長ガスパール「もしメッシが自分の任期中にデビューしていたら・・・」

5/17(金) 17:02配信

ムンドデポルティーボ日本語公式

 2000年から2003年までバルサの会長を務めたジョアン・ガスパールが、YouTubeチャンネル『IDOLOS』に出演している。ガスパールは、「もしリオネル・メッシのファーストチームデビューが自分の任期中だったら、あのようにひどい時代にはならなかった」と語った。

 ガスパールが会長を務めた3シーズンは、リーガ、チャンピオンズ、国王杯をひとつも獲得できなかったが、彼は大きな遺産を残している。当時13歳のメッシを獲得したことだ。

「彼がバルサにやってきたとき、これから世界一の選手になると期待している人間は誰もいなかった。当時、メッシにサインする許可を与えたのは私だが、それがいつだったのかすら覚えていない」ガスパールは当時をそのように振り返る。

「しかし、時間の経過と共にその才能に注目するようになった。もしメッシのファーストチームデビューが自分の任期中だったら、あのようにひどい時代にはならなかっただろうね」

Mundo Deportivo

最終更新:5/20(月) 16:44
ムンドデポルティーボ日本語公式

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事