ここから本文です

フラッグシップのエッセンスを受け継いだ、デノンのお買い得AVセンター「AVR-X2600H」「AVR-X1600H」が登場。最新機能搭載&音質も更に追い込んでいる

5/17(金) 16:19配信

Stereo Sound ONLINE

 デノンの2019年AVセンターラインナップとして、「AVR- X2600H」(¥90,000、税別)と「AVR-X1600H」(¥59,500、税別)が発表された。価格は従来モデルから据え置きで、6月中旬の発売予定となる。

 どちらも、最新のAVネットワークへの対応、充実したオーディオネットワーク、ユーザービリティの向上、ダビングステージの再現をテーマに開発されている。ここでは上位モデルとなるX2600Hを中心に特徴を紹介したい。

 一体型AVセンターとしては両モデルとも7.2ch仕様で最大5.2.2のDolby Atmos再生が可能だ。加えて、Dolby Atmos Height Virtualizer(秋頃のファームウェア・アップデートにより対応)、DTS:X、DTS Virtual:Xといった再生もできる。

 AVネットワークに向けた仕様として、8入力/2出力のHDMI端子を備えており、すべて4K信号(4K/60p、HDCP 2.3、BT.2020、HDR10、Dolby Vision、HLG、eARC=Enhanced ARC、ALLM=Auto Low Latency Mode)に対応済みという。

 オーディオネットワークの活用では、独自のワイヤレス・オーディオシステム「HEOS」テクノロジーを搭載。無料のHEOSアプリで簡単にセットアップもできる他、ストリーミングサービスやインターネットラジオ(Amazon Music、AWA、Spotify、SoundCloud、TuneIn)やローカルネットワーク上のミュージックサーバー(NAS/PC/Macなど)、USBメモリーに保存した音源といった多彩な音源を再生できる。同一のネットワークに接続した他のHEOSデバイスにAVR- X2600Hで再生中の音楽を配信することもできるそうだ。

 ハイレゾ音源は、DSD 5.6 MHzや192kHz/24ビットのリニアPCMの再生が可能だ。もうひとつ、AirPlay 2、Bluetooth送信機能も備えているので(後日のファームウェア・アップデートを予定)、Bluetoothヘッドホンと組み合わせてみるのもいいだろう。

 ユーザービリティの向上では、柔軟なアンプアサインも準備した。最大では5.1.2のスピーカー配置が可能だが、サラウンドバックやハイトスピーカーを使わない場合は、フロントスピーカーに4ch分を割り当てるバイアンプ駆動もできる。2ch中心のユーザーなら、こういった使い方も試して欲しい。

1/2ページ

最終更新:5/17(金) 16:19
Stereo Sound ONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事