ここから本文です

【ブラジル】生産年齢人口の35%が初等教育「未修了」

5/17(金) 7:25配信

サンパウロ新聞

 ブラジル地理統計院(IBGE)は16日、ブラジルの生産年齢人口(15歳以上)の35%は初等教育を修了していないとする調査結果を発表した。ブラジルの初等教育は6~14歳の児童を対象に9年間行われるもので、日本の義務教育(小・中学校)に相当する。

 同日付で伝えた伯メディアによると、ブラジル全国5地方の中で初等教育を修了していない人が多いのはブラジル北部と北東部だ。IBGEの調査によると、アマゾナス州やパラー州が属する北部では生産年齢人口の44.1%が、そしてバイア州やマラニャン州、セアラー州などが属する北東部では同38.7%が、初等教育を修了していない。この割合は、リオ・グランデ・ド・スル、サンタ・カタリーナ、パラナの3州からなるブラジル南部では34.0%、ブラジリア連邦直轄区やゴイアス州が属する中西部では33.5%、そしてサンパウロ、リオ両州が属する南東部では29.2%だった。

 IBGEの調査によると、2019年第1四半期(1~3月)の時点ではブラジルの生産年齢人口の48%が中等教育(日本の高校に相当)修了者だった。また、雇用されている人々の中では中等教育修了者が60.3%と圧倒的に多くを占めた。大卒者は20.7%だった。

 修学歴の低さはブラジルの人々の雇用機会を阻害する可能性がある。IBGEが同日発表したデータによれば、職を探している期間が1年以上という長期失業者の数は19年第1四半期の時点で、ブラジル全国で520万人に上った。そして、ブラジリア連邦直轄区を含む全国の27州中の14州で、今年第1四半期に失業率の上昇が観測された。失業率が最も高かったのはアマパー州(20.2%)、バイア州(18.3%)、アクレ州(18.0%)という北東部と北部の州で、最も低かったのはサンタ・カタリーナ州(7.2%)、リオ・グランデ・ド・スル州(8.0%)、パラナ州(8.9%)という南部の州だった。

サンパウロ新聞

最終更新:5/17(金) 7:25
サンパウロ新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事