ここから本文です

豊島将之二冠、新名人なるか 注目の一局は折り返し地点に 2日目午後に突入/将棋・名人戦七番勝負第4局

5/17(金) 13:30配信

AbemaTIMES

 将棋の名人戦七番勝負第4局2日目が5月17日、福岡県飯塚市の「麻生大浦荘」で行われている。午後0時30分から1時間の昼食休憩を終え、4連覇を目指す佐藤天彦名人(31)、初名人を目指す豊島将之二冠(29)ともに、持ち時間の半分以上を消費。注目の一局は折り返し地点を過ぎた。

 同シリーズは第1局に千日手も成立する中、豊島二冠が開幕から3連勝。一気に自身初挑戦の名人位に王手をかけた。豊島二冠が奪取すれば、平成生まれの棋士としては初の名人で、さらに現在保持している王位、棋聖と合わせての三冠保持は、渡辺明二冠(35)が達成して以来、史上9人目の快挙となる。

 過去76期行われた名人戦七番勝負において、開幕3連勝した棋士は、いずれもタイトルを手にしている。他のタイトル戦における七番勝負では、3連敗した棋士が4連勝したことは2例あり、佐藤名人としては3例目の大逆転劇にかける。

 過去の2人の対戦成績は豊島二冠が14勝6敗と大きくリードし、現在は7連勝中。昼食休憩で佐藤名人はカツカレー、豊島二冠は生姜焼き定食を注文した。昼食休憩前の残り持ち時間は、佐藤名人が3時間39分(消費5時間21分)、豊島二冠が3時間23分(同5時間37分)と、ほぼ互角。名人戦七番勝負の持ち時間は各9時間の2日制で、先手は豊島二冠。

最終更新:5/17(金) 13:30
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事